ブラックリストでもキャッシングを諦めないでいい理由

ブラックリストに記載されてしまったので、その記載が削除されるまでキャッシングをすることができないと思っている人は多いことでしょう。

ブラックリストとは、信用情報機関の個人信用情報の中の事故情報の記載のことを指しますが、3か月以上の返済の遅延や債務整理、自己破産などのいわゆる金融事故の履歴が記載されており、記載されると5年以上はその情報は削除されることはありません。金融機関は融資のおける審査にこの個人信用情報を最重要視していますので、事故情報の記載があれば、融資を受けることはかなり難しいといわざるを得ません。

しかし、融資を受けることが難しくなっているということは融資を受けることが不可能になっているという意味ではありません。

ブラックリストに記載されてしまったからと言って闇金に走るということはしてはいけません。なぜなら、ブラックリストに記載されいるからと言って、融資を行うか行わないかは金融機関の決定にかかっているからです。例えば、貸金業法の改正によって導入された総量規制は年収の三分の一以上の融資を制限していますが、総量規制は金融機関の決定でそれ以上の融資をすることは絶対できません。

一部の例外を除いて総量規制を超えて融資を行うことは法律違反を犯すことになるからです。それと比べてブラックリストに融資を行っても法律違反に問われることはありません。

もちろん、銀行や大手の消費者金融においてはブラックリストに記載があればほぼ融資は不可能でしょう。しかし、中小の消費者金融では銀行や大手の消費者金融と同じ条件で審査をしていれば、競争に負けてしまいますから審査基準が銀行や大手の消費者金融と比べて緩い傾向にあります。会社によってはブラックリストでも融資可能という告知を出している会社もないではありません。消費者金融は闇金とは違いますから、審査が緩いからといって法定外の金利を要求されることはありません。ブラックリストに記載されても融資を諦める必要はないのです。